扶養範囲とはなに? 

扶養範囲とはなに?

パート扶養控除




パート扶養控除 損しないのは!


主婦(夫)やパートの方がご主人の扶養範囲内の収入で働く。 自身(主婦)の年収103万円、106万円、130万円、150万円以内に抑える方へ 実際は得する?損する?



自身(主婦)の収入が103万円以内の場合は所得税がかからない。
給与年収93万円から100万円を超えると住民税を支払うことになります。
所得税は、給与年収103万円超で支払うことになります。


自身(主婦)の収入130万円がボーダーライン。
社会保険(年金・健康保険)は130万円(一部106万円)以上で加入。
給与年収93万円から100万円を超えると住民税を支払うことになります。
所得税は、給与年収103万円超で支払うことになります。
年収130万円を超えると、夫の扶養からはずれ、自分で健康保険に入ることになります。

年金も同じように、年収130万円以下だと第3号被保険者となり、国民年金の保険料を納めなくていいのです。年収130万円を超えると、健康保険や年金の保険料を自分自身で払う必要になります。

106万円の壁

2016年10月1日より新しく106万円の壁が登場しました。従業員501名以上の会社に勤める人は、

(1)年収106万円(月額8万8334円)以上
(2)週の労働時間が正社員の1/2(週20時間)以上


のいずれかを満たして働く場合、これからは妻が自分の社会保険料を自分でおさめることになります。

※就業する先の従業員が多そうな場合は事前に聞きましょう!


社会保険に加入するメリットデメリットには、以下のようなものがあります。

<メリット>
・老後の年金額が増える
・病気やけがで長期間働けなくても最長1年6か月まで傷病手当金がもらえる
・出産したら出産育児一時金や出産手当金がもらえる

<デメリット>
・お給料から社会保険料が引かれ手取額が減る





サポートグループ(株)

Copyright(C) SupportGroup Corporation All Rights Reserved.