仕事の休憩時間はどのくらいとる? 

休憩時間はどのくらい?

労働基準法上の休憩時間の説明 45分・60分




休憩時間の正しいルール


労働基準法上で休憩時間は決められてます。6時間以上を超える労働に対して休憩を取得することが決められております。



6時間以内の労働
6時間以内の労働の場合は休憩の必要なし

6時間以上 8時間未満の労働
少なくとも45分の休憩が必要です。
8時間以上の労働の場合
少なくとも1時間以上の休憩が必要です。





扶養範囲とは?


サポートグループ(株)

Copyright(C) SupportGroup Corporation All Rights Reserved.