電話受付

0120-976-179




― 深夜手当とは ―


『用語集』

深夜手当とは

労働基準法 第37条 第4項
使用者が,午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては,その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間において労働させた場合においては,その時間の労働については,通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

つまり基本的には午後10時〜午前5時の間働いた場合は1.25倍割増で深夜手当がもらえます。


例:基本時給1000円の場合は  22:00〜5:00の間は1000円×1.25=1250円

1250円の時給がもらえます。